SS健康法『なぜ内臓が下がるか』①咀嚼


『SS健康法』がなぜ良いのか、なぜ内臓が下がり、そして上がることによってどうなる?今朝アップされた『下野さん(伝授していただいた)の記事』とてもわかりやすいのでご紹介しますね。(下記貼り付け)


① 『咀嚼編』

咀嚼が足りないといわれる現代人

そして特に今のこどもたちは

咀嚼があまり必要ないやわらかい食べ物が身のまわりにあることから

あごの発達が足りない→歯の生え方や、咀嚼力、舌の使い方、口が開いているなども注視されることが多いですが

大人も同じくやわらかい食べ物が増え、するめのようなものをかみ続けるって意識しないと日常なかなか出来ないですよね。

昔、もう12、3年前、マクロビオティック創始者の学校、知る人ぞ知る桜沢さんの教室、リ〇に通ったことがありましたが、同じく食べる時の姿勢で『よく噛むこと』をとても言われていました。

『食べる時、一口くちにいれたら箸を置く』そして、100回かむといいとも言われました。・・・なかなかなハードルでした。

よく噛むことで食べ物を細かくしていと共に唾液を分泌させる。

唾液にはたくさんの消化酵素が含まれています。その消化酵素を

使わないで胃に入っていくと・・・どうなるか・・・



あまり咀嚼できていない食べ物が

胃や大腸へいくことで負担もかけ硬くなり下に下がっていく

それにより

『すべての消化器官が下がれば、からだ下の方にある臓器は、圧迫され、血流をはじめ、体液の流れが滞ります。

女性の場合、子宮や卵巣が圧迫されるのです。

体液の流れが滞れば、からだは冷えます。』(下野さん記事引用)


と、なるわけなのです。


SS健康法は負担がかかりひろがった骨盤を締め

下がった内臓を上へ、定位置へと促す健康法です。


女性の場合は子宮や卵巣にしっかり血流や体液がながれれば

さらに冷えの改善の期待にもなるし

恒常性(からだが本来もっている機能)が高まることで

妊娠を希望している方も、産後の方も

更年期を迎えている方も、すべての女性にとっても

うれしい健康法なのです。


よもぎ蒸しは脂溶性の解毒排出の期待と冷えとり

アロマセラピートリートメントは自律神経系の調整、ホルモン分泌の調整&皮膚へのトリートメントによる心身のケアと浄化

硬くなった筋肉をほぐし、凝りをとりそして血流を促すことが期待されます。スウェディッシュはアロマセラピートリートメントより筋肉やリンパのながれの促進に有用です。


SS健康法と他のケアの相乗期待されますね。


#ss健康法 #冷えとり #骨盤 #健康法 #エネルギーワーク



ピオニーアロマセラピーケアルーム peace of mind ~healing~

京王線・東府中駅徒歩3分 府中・小金井・国分寺アロマケアルーム peace of mind ~healing~ 五感を研ぎ澄まし 香り溢れるトリートメントとともに本来の自分へ 自律神経やホルモンバランスケアにアロマトリートメントは有用です。自分らしい暮らしに、体調の維持にアロマトリートメントを初めてみませんか。完全個室・上質な時間をもたらす一日の2、3組限定のサロン